安全方針

安全方針

当社は、社内に安全最優先意識の徹底を図り、全社員がこれを徹底して実行することにより、海上人命安全条約、海洋汚染防止条約、海上における衝突の予防のための国際規則に関する条約、その他関係条約及び関係強制規則を遵守し、

  1. 海上における人命の安全
  2. 船舶の安全運航
  3. 環境の保護

の確保に努めることで、船舶運航者としての社会的使命を全うする。

この基本方針を実施するため、安全管理規程を制定、有効かつ適切な安全マネジメント態勢を確立して、これを維持するとともに、常にその向上を図る。 この規程は、陸上・船上の組織それぞれの業務、責任、権限及び相互関係を明らかにすると同時に、以下についての業務・作業手順を明記する。

  1. 関係法令及び社内規則の遵守と安全最優先の原則
  2. 安全マネジメント態勢の継続的改善
  3. 緊急時への対応
  4. 船舶の安全運航及び環境保護のために特に重要な業務

このために、海上運送法に定められた要件を満たす者として安全統括管理者を選任し、安全マネジメント態勢及び安全管理規程の運用管理のための責任と権限を与える。そして、適正な人員の選任・配置すると共に、必要な資源を供給し、安全統括管理者を全面的に支援する。

また、当社は安全運航と環境保護確保に関する会社の理念の実施のために、船上における最高責任者として船長を指名し、必要な権限を与え、船長がこれらの職務を遂行することを全面的に支援する。

以上が当社の安全方針であり、当社全社員がこれを遵守することを要請する。

2016年6月30日
JR九州高速船株式会社
代表取締役社長 水野 正幸