はじめてのお客さまへ

はじめてのお客さまへ

機関士中途  

JR九州高速船とは

JR九州高速船株式会社は、JR九州グループの国際航路運営会社として、海の飛行機とも呼ばれる超高速船「ビートル」(一般的に「ジェットフォイル」と呼ばれる水中翼船)を運航し、日韓間のお客さまのご旅行・ご移動をお手伝いしています。
2005年10月にJR九州より分社化し、新会社としてスタートしました。

 福岡~釜山間の213kmを3時間5分で結び、その間の最高速度は43ノット(時速約80km)にもなります。超高速船「ビートル」が1991年に日韓航路に就航して25年、累計で550万人以上のお客さまにご利用いただいております。
2011年10月からは対馬と釜山を結ぶ新たな航路に就航しました。

基本理念

わたしたちは、安全を第一にお客さまの視点に立ったサービスの向上に努め、古代からの交流の歴史をもつ九州と韓国南部を結ぶ価値ある海の架け橋となることを目指してビートルブランドを磨き、日韓交流の発展に尽くします。